妊娠期の歯科治療

妊産婦の方々へ

このたびはご懐妊おめでとうございます。
ここでは、妊娠期のお口の中と歯科治療への関わりについて話をしていこうかと思います。

1.妊娠期のお口の中の変化について

女性ホルモンのバランスの変化により、お口の中が『渇き』やすくなります。
これにより、唾液による殺菌効果が低くなり『むし歯』『歯周病』の急性症状が発現しやすくなります。

2.妊娠期の歯周病について

病態は通常の病態とは変わらないですが、歯周病の程度が進んでいる方の場合、『早産率』や『低体重児出産率』高くなると言われており、そのリスクは約7倍と報告されています。
妊娠されて歯ぐきが腫れると、あたかも妊娠したせいで歯周病になったと思う方もおられると思います。

しかし、歯周病は妊娠したから発現するのではなく、それ以前から歯周病にかかっていて、妊娠をきっかけに症状が表面化しただけにすぎません。

3.歯医者さんの受診について

歯の治療の『理想的』な時期は『妊娠中期』のいわゆる『安定期』と呼ばれている時期です。しかし、『強い症状』が出る場合はその限りではありませんので、『強く症状』が出る場合は歯医者さんに受診しましょう。
当院では『妊娠中』の方でもご希望と必要があれば『積極的』に根本治療を行う方針です。
お母さんは妊娠中も大変ですが、出産後も大変です。
歯は一生使用しないといけません。不確実な治療では後で必ず問題がでてきます。
きちんと治しておきましょう。

4.お薬について

歯科治療では『抗生物質』や『鎮痛剤』といった服薬が欠かせないときがあります。
妊娠初期と後期は確かにお薬は控えたほうがいいですが、不幸にも強い症状が発現したときはお薬を飲んでいただく必要があります。
そのときはできるだけ胎児に負担をかけないお薬を選んでおりますので、ご相談いただけたらと思います。

5.麻酔について

歯科治療の局所麻酔に関しては、胎児への影響はまずありません。ご安心ください。

6.レントゲンについて

胎児に影響がでる放射線被曝量は250mSv(ミリシーベルト)からだと言われております。
歯科のレントゲンは1回約0.03mSvくらいです。レントゲンの撮影に関してはまずご安心ください。

7.その他

一時的に唾液が少なくなります。水分は十分摂取しましょう。
『つわり』がひどく歯ブラシを使いにくい場合は、子供用の歯ブラシなど歯ブラシのヘッドの小さいものを使うもの手段の一つです。
あとは、頭を前傾させて歯ブラシをすると少し楽になると思います。

『タバコ』は絶対にやめましょう。
歯にも赤ちゃんにも周りの人にもよくないです。ついでに言うと税金も上がりました。
吸っていて良いことはありません。これを期に『禁煙』されることをおススメします。
カルシウムは歯を作るうえで欠かせない栄養素です。妊娠前の1.5倍は必要と言われています。なるべく摂取するようにしましょう。

8.妊婦教室の開催

当院ではお向かいの『産婦人科』の『西川医院』さんで妊婦教室を不定期に開催しております。ご興味のある方は是非参加してください。

★西川医院のセミナー予定

11月17日 14時30分から 小児歯科教室


★セミナーの様子

妊婦教室の様子(先生のブログに飛びます 9月26日の記事) 
母親教室(先生のブログに飛びます 7月9日の記事)
先生のブログに飛びます(5月14日の記事)

妊婦教室のご予約とお問い合わせは『西川医院』さんで受け付けております。
【西川医院HP】 http://www.nlc1.net/

ページトップ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 

 

 

…休診日 …午後休診

■診療時間
【午前】9:30〜12:30
【午後】2:30〜7:30
土曜午後休診です

【休診日】水曜・日曜・祝日

  • 初診の方へ
  • 時間予約制のお願い
  • 院長ブログ
  • mizunokodomodenをフォローしましょう
  • ↑最新情報はこちらから↑