小児科部

小児歯科とは

水野歯科医院での小児歯科とは、大人になって永久歯(親知らずを除く大人の歯)になったときに、永久歯を健康な状態に保つ目的で、乳歯の時期から「予防管理」、「必要であれば治療」を行うことを指します。
小児歯科が必要な期間としては、乳歯が生え始めてから、永久歯の歯列と咬み合わせが完全にできると言われる13〜14歳くらいまでになります。
その後、15歳以降は成人用の予防管理歯科にシフトしていきます。

小児歯科部の5つのモットー

お子様に怖がらずに治療を受けていただくための工夫

天井設置のTV: 診療台を倒して診察を受けながらTVをご覧になっていただけます。
お子様に人気のアニメーションが流れます。これで、怖がらず楽しく治療を受けていただけます。

ページトップ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

 

 

 

…休診日 …午後休診

■診療時間
【午前】9:30〜12:30
【午後】2:30〜7:30
土曜午後休診です

【休診日】水曜・日曜・祝日

  • 初診の方へ
  • 時間予約制のお願い
  • 院長ブログ
  • mizunokodomodenをフォローしましょう
  • ↑最新情報はこちらから↑